定期購読のご案内
ホーム 新刊案内 近刊案内 トピックス テーマで選ぶ本 ミセスplus ミセスレストラン 装苑ONLINE 装苑賞
洋裁・手芸 クラフト 服飾 幼児・児童 料理 生活 読み物 その他
ミセス 2019年6月号

2019年6月号

5月7日発売
定価1,132円

PAPER CRAFT 大きな花と小さな花と

PAPER CRAFT 大きな花と小さな花と

やさしく作れるクレープペーパーの造花たち

文化出版局 編
5月26日発売  定価1,728円

疲れた日のスープ 頑張る日のスープ いつもの食材で作れる薬膳レシピ

疲れた日のスープ 頑張る日のスープ

山田奈美 著
5月26日発売  定価1,620円

ミセスのおすすめレストラン情報
2017年3月号
東京・六本木
熟成肉を山と海の味わいで
「KABKO(カブコ)」
 岩手県産の黒毛和牛を独自の熟成方法でうまみを凝縮させた「門崎熟成肉」で知られる「格之進」の新レストラン。「ベージュ アラン・デュカス 東京」やパリの「レストラン パピヨン」などで研鑽を積んだシェフの加田俊介さんが、その日、最も熟成状態がいい肉の部位を選び、旬の新鮮な魚介と組み合わせ、融合させたフレンチスタイルの創作料理がディナーコースで楽しめる。テーマはテール・エ・メール(フランス語で山と海の意)。ピザ窯の職人とともに試行錯誤を繰り返して作ったという世界に一つしかないオリジナル窯で、火入れに注力し焼き上げられる熟成肉と海の幸が味わい深い。ソムリエでもある加田さんがセレクトしたワインとともにゆっくり味わいたい。
撮影・中村風詩人/取材、文・はまだふくこ
18時〜23時(21時L.O.)。
日曜休み。要予約。
東京都港区六本木3の1の25
六本木グランドプラザ3F
電話 03-6277-8229
共に9,800円のディナーコースからの一例。
プラス6,000円でワインペアリング。
写真上 メインの“海藻×熟成肉”。熟成肉の水分を封じ込め、うまみを最大限に引き出す窯焼きならではの味を堪能できる。

写真下 “窯×牡蠣”。殻つきのまま窯で火入れした生に近い状態のかきの上に、最適な状態に焼かれた熟成肉のローストビーフがのる。これを一緒に一口で味わう贅沢さ。

春頃からはランチも始める予定。
この情報は、ミセス 2017年3月号掲載時のものです。
ご利用の際は事前に各店舗へお問い合わせください。
掲載号順 地域別 店名順 ジャンル別
ヘルプ | 学校法人文化学園お問い合わせ文化出版局案内個人情報の取り扱いについてサイトマップ
Copyright BUNKAGAKUEN BUNKA PUBLISHING BUREAU All Rights Reserved.