定期購読のご案内
ホーム 新刊案内 近刊案内 トピックス テーマで選ぶ本 ミセスplus ミセスレストラン 装苑ONLINE 装苑賞
洋裁・手芸 クラフト 服飾 幼児・児童 料理 生活 読み物 その他
ミセス 2019年6月号

2019年6月号

5月7日発売
定価1,132円

PAPER CRAFT 大きな花と小さな花と

PAPER CRAFT 大きな花と小さな花と

やさしく作れるクレープペーパーの造花たち

文化出版局 編
5月26日発売  定価1,728円

疲れた日のスープ 頑張る日のスープ いつもの食材で作れる薬膳レシピ

疲れた日のスープ 頑張る日のスープ

山田奈美 著
5月26日発売  定価1,620円

ミセスのおすすめレストラン情報
2016年10月号
東京・西麻布
“草=野菜”の魅力があふれる
「エルバ ダ ナカヒガシ」
 和の器と食材。凜とした料理は和食を思わせるが、正真正銘のイタリアンである。店名の“エルバ”は草を意味し、14皿のコースは日本全国から集められた旬の“野菜”を主役に組み立てられている。腕をふるう中東俊文シェフは、かの摘み草料理の名店、「草喰 なかひがし」の中東久雄さんの息子であるが、13歳の時に食べたイタリア料理に魅せられ、現地で5年に及ぶ修業を重ねた。そんな中東シェフの料理は、和の素材の繊細さがありながら、イタリア郷土料理の力強さを感じる。すべて食べ終えると、おなかはいっぱいなのに軽やか。「極力乳脂肪を使わないように」と、笑顔で言うシェフとの軽快な会話も最高のもてなしで、季節のたびに通いたくなる店である。12,000円と15,000円のコースのみ(共にサービス料別)。
撮影・安田如水(本誌)/取材、文・石出和香子
18時〜21時(L.O.)。
日曜休み。要予約。
東京都港区西麻布4の4の16
NISHIAZABU4416 B1
電話 03-5467-0560
コースの一例。
写真上 “名残の鱧と走りの松茸”。土鍋で蒸焼きにした一品は、ふたを開けた瞬間にまつたけの香りが立ち上り、はもはふっくらとやわらかい。香草バターを加えることで、和の食材にイタリアらしさが宿る。

写真下 “ポルチーニ茸のパッパルデッレ”。ポルチーニの香りとうまみが手打ちの太麺パスタにしみ込み、濃厚な味わい。爽やかなハーブ、サントレッジャの香りが小気味いいアクセントに。
この情報は、ミセス 2016年10月号掲載時のものです。
ご利用の際は事前に各店舗へお問い合わせください。
掲載号順 地域別 店名順 ジャンル別
ヘルプ | 学校法人文化学園お問い合わせ文化出版局案内個人情報の取り扱いについてサイトマップ
Copyright BUNKAGAKUEN BUNKA PUBLISHING BUREAU All Rights Reserved.