定期購読のご案内
ホーム 新刊案内 近刊案内 トピックス テーマで選ぶ本 ミセスplus ミセスレストラン 装苑ONLINE 装苑賞
洋裁・手芸 クラフト 服飾 幼児・児童 料理 生活 読み物 その他
ミセス 2019年6月号

2019年6月号

5月7日発売
定価1,132円

PAPER CRAFT 大きな花と小さな花と

PAPER CRAFT 大きな花と小さな花と

やさしく作れるクレープペーパーの造花たち

文化出版局 編
5月26日発売  定価1,728円

疲れた日のスープ 頑張る日のスープ いつもの食材で作れる薬膳レシピ

疲れた日のスープ 頑張る日のスープ

山田奈美 著
5月26日発売  定価1,620円

ミセスのおすすめレストラン情報
2016年8月号
東京・白金
中国の家庭料理をコース仕立てで
「蓮香(レンシャン)」
「家庭料理と野菜がテーマです」と言うのは、今、注目の中国料理店「蓮香」の小山内耕也シェフ。日本では珍しい、中国内陸部で食べられている料理を、コースで楽しめる店である。コースは野菜、魚介、肉類から成る12品。現地で調達する発酵調味料やスパイスを旬の食材と合わせて、独特のうまみと香りを作り出している。メニューには、ふぐの白子や牛肉などの高級素材もあり、最後までおもしろさと期待であふれる料理が続く。うれしいのはワインや紹興酒が一律1本2,900円。どんな料理にも合って自然派ワインが中心で、ついつい飲みすぎてしまいそう。さらに、人数が増えるにつれ、メニューの数も最大20皿まで増えるという。「大勢でわいわい食べる中国料理の文化をそのまま届けたかったから」と小山内シェフ。その言葉で、好奇心旺盛な食いしん坊の心は、わしづかみにされる。
撮影・安田如水(本誌)/取材、文・石出和香子
18時半〜21時(L.O.)。
不定休。要予約。
東京都港区白金4の1の7
電話 03-5422-7373
写真上 コースの一例。“発芽大豆とささげ漬け物のひき肉炒め”。発芽大豆とひき肉をいためただけのシンプルな一皿。ささげの漬け物のほどよい酸味が全体のまとめ役に。

写真下 “ふぐの白子 生唐辛子じょうゆで”。現地では羊の脳みそで作る料理をふぐの白子でアレンジ。クリーミーな白子に爽やかな生とうがらしの香りがよく合う。

料理は5,900円のコースのみ(税込み)。
この情報は、ミセス 2016年8月号掲載時のものです。
ご利用の際は事前に各店舗へお問い合わせください。
掲載号順 地域別 店名順 ジャンル別
ヘルプ | 学校法人文化学園お問い合わせ文化出版局案内個人情報の取り扱いについてサイトマップ
Copyright BUNKAGAKUEN BUNKA PUBLISHING BUREAU All Rights Reserved.