定期購読のご案内
ホーム 新刊案内 近刊案内 トピックス テーマで選ぶ本 ミセスplus ミセスレストラン 装苑ONLINE 装苑賞
洋裁・手芸 クラフト 服飾 幼児・児童 料理 生活 読み物 その他
ミセス 2018年11月号

2018年11月号

10月6日発売
定価1,132円

Veritecoの刺繍図鑑

Veritecoの刺繍図鑑

浅田真理子 著
10月15日発売  定価1,728円

かぎ針あみの冬ごもり

かぎ針あみの冬ごもり

Ronique[ロニーク] 著
10月15日発売  定価1,512円

ミセスのおすすめレストラン情報
2016年3月号
東京・銀座
丁寧な握りと楽しい会話で至福の時間
「銀座 鮨あらい」
 東京・銀座に新たなおすし屋さんが誕生した。店主は名店で修業を積んだ新井祐一さん。のれんをくぐれば、威勢のいい挨拶と笑顔で迎えてくれる。凜とした空間は舞台のようで、丁寧な握りの所作に見入りながら交わす会話が楽しい。コースは旬を感じさせるさしみや煮物、茶碗蒸しなどの小さなおつまみが8皿ほど続き、握りへと向かう。「すし屋ですから、しっかり食べてほしい」と、やや大ぶりなのが特徴。食材は酢飯とのバランスを考え、ベストな状態に仕込んでいく。渾身の一貫はなんと言ってもまぐろ。気合いのこもった握りに、すし職人としての熱意と愛情を感じるはず。自分へのごほうびやお祝い時に“銀座でおすし”を。昼は8,000円と10,000円のコース、夜はおつまみと握りのおまかせコース20,000円から(すべてサービス料別)。
撮影・安田如水(本誌)/取材、文・石出和香子
11時半〜13時半、
17時〜22時(共にL.O.)。
水曜休み。要予約。
東京都中央区銀座8の10の2 ルアンビルB1
電話 03-6264-5855
写真上 握りの一例。奥左から時計回りに、ほどよい脂と酸味の北海道戸井の中トロ、春の訪れを感じさせる鹿児島県出水のかすご、北海道産うに、愛知県産こはだ、ふっくらと煮上げた茨城県鹿島のはまぐり。

写真下 夜のコースより。“あおりいかと山わさび”。ぴりっと爽やかな山わさびの辛みが、いかの甘さを引き立たせている。

カウンター7席のほかに、7席の個室もある。
この情報は、ミセス 2016年3月号掲載時のものです。
ご利用の際は事前に各店舗へお問い合わせください。
掲載号順 地域別 店名順 ジャンル別
ヘルプ | 学校法人文化学園お問い合わせ文化出版局案内個人情報の取り扱いについてサイトマップ
Copyright BUNKAGAKUEN BUNKA PUBLISHING BUREAU All Rights Reserved.