定期購読のご案内
ホーム 新刊案内 近刊案内 トピックス テーマで選ぶ本 ミセスplus ミセスレストラン 装苑ONLINE 装苑賞
洋裁・手芸 クラフト 服飾 幼児・児童 料理 生活 読み物 その他
Book_search
書籍検索  書籍 雑誌 
>>詳細検索
パリ・ブランドはいかにして創られたか
モードの物語
目次
はじめに
────────────────────────
第1部 オートクチュール

1章 伝統の保持
   11 クチュールの起源
   29 クチュール、コンフェクション(既製服)、オートクチュール
   40 クチュールを取り巻く経済状況
     ─1930年まで
     ─経済的・社会的苦境
   49 第二次世界大戦後のオートクチュール
     ─モードの劇場
     ─第二次世界大戦直後の黄金期
     ─繊維産業の援助:動乱の新時代におけるクチュール
     ─国際的な競合相手の出現
   87 オートクチュールの組織化
     ─オートクチュールの顧客
     ─オートクチュールの納入業者
     ─コピーとの闘い
   103 *注釈

2章 クチュールの新しい収入源
   109 クリスチャン・ディオールのビジネスモデル
   119 純粋主義者たち
   133 現代的なデザイナー
   144 最後の波
   148 ブランドの経営
      ─評判の悪いプレタポルテ
      ─派生製品
   152 クチュールと香水のマリアージュ
   169 *注釈

────────────────────────
第2部 プレタポルテ

1章 既製服産業の起源
   179 第二次世界大戦後の既製服
   185 業界としての活動
   189 変化のきっかけ
      ─メディア
      ─スティリストとファッションコンサルタント
   206 プレタポルテの急速な発展
   221 *注釈

2章 クチュリエによるプレタポルテ
   225 先駆者たち
   237 エディシオン・クチュール
      ─C.マンデスとマリア・カリーヌ:エディターとしての製造業者
   252 クチュールからプレタポルテへ
   267 *注釈

3章 スティリスト──新しいファッションのクリエーターたち
   270 初期のスティリスト
   281 ファッショナブルなブティック
   287 クリエーター&企業家
   304 若手デザイナーと大御所クチュリエ
   312 ファッションクリエーターの発展の道のり
   327 *注釈
   330 1部、2部の結び

────────────────────────
第3部 国際化、ブランド戦略

1章 国際化からグローバリゼーションへ
   338 境界の撤廃
   340 招待会員
   342 教育と相互理解

2章 ブランドの脆弱性と支配
   343 クチュールかプレタポルテか
   345 ブランドの経営者
   354 自立した製品としての“ブランド”
   355 ブランドの性質
   359 アーティスティックディレクターと創業者兼デザイナー
   361 ファッションブランドとラグジュアリーブランド
   362 ファッションと財務
   362 巨大グループのオーナー
      ─エルメス
      ─PPR
      ─プラダ
      ─シャネル
   369 ファッションとマーケティング
   370 競争の偏在化

3章 法律とファッション
   373 知的所有権
   374 画像の配信に関する法律
   376 *注釈

   432 関連年表
   438 索引
   450 資料、謝辞
モードの物語
内容紹介に戻る
《オンライン書店で購入する》
  • Amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • セブンアンドワイ
  • 紀伊國屋書店
  • boox
  • honto
ヘルプ | 学校法人文化学園お問い合わせ文化出版局案内個人情報の取り扱いについてサイトマップ
Copyright BUNKAGAKUEN BUNKA PUBLISHING BUREAU All Rights Reserved.